鳥取県若桜町でおすすめの糖尿病の食事宅配サービスを紹介します。

鳥取県若桜町で糖尿病の食事宅配サービスをお探しなら、冷凍保存できるお弁当を試してみませんか?電子レンジで暖めるだけで出来立てと同じような美味しさを再現できます。 しかも管理栄養士により栄養バランスが良く、カロリーは400kcal、塩分は2グラム~2.5グラムに抑えられています。まさに糖尿病の常備食として手軽に食べられるというメリットがあります。

自分で自炊するのが面倒!奥さんが居なくて食べるものが無い!など、いつでも安心して食べられる安心感があります。 毎日食べるもよし!いざという時に保存しておくのもよし!冷凍庫に保存しておくと本当に便利です。以下におすすめの食事宅配サービスを紹介いたします。

ランキング1位の画像
ウェルネスダイニングの画像

カロリー240kcal/塩分2.5g以下

1日の摂取カロリーを制限したい方向けに管理栄養士が献立を考えたお食事です。カロリーとともに塩分にも配慮した栄養バランスの良いお食事で、魚や肉料理など様々な献立で美味しさが特徴。

ランキング2位の画像
彩ダイニングの画像

カロリー240kcal/塩分2.0g未満

自宅で簡単食事制限、全メニュー塩分2.0g未満でしっかりおいしい管理栄養士が考案。糖尿病の食事は、塩分が少なくてもダシを効かせ、主菜はしっかりと味付け、副菜は薄味という具合にメリハリが特徴。

ランキング3位の画像
メイプルフーズの画像

カロリー400kcal/塩分3.0g以下

主菜・副菜・ご飯・汁物など1食4品で400kcalというBC400という栄養バランスを整える食事です。夕食にBC400を食べれば、朝食や昼食のエネルギー摂取量を調整しやすくなるのが特徴。

糖尿病の食事の基本とは!

糖尿病の食事は、管理栄養士により栄養バランス、カロリー制限、塩分量が管理されています。 1日の摂取カロリーは、1200kcal~1800kcalの範囲。塩分も1食当たり2.0~2.5グラム以内に制限する必要があります。 そして何よりも大切なことは、1日3食バランスよく食べることです。食事を抜いたり、ドカ食いすると血糖値が急上昇するからです。 1日のカロリー摂取量を1日3回バランスよく摂ることで血糖値の上昇をゆるやかにできます。 腎臓の悪い方は、更にタンパク質制限が必要なので注意してください。

詳しくはコチラから

糖尿病の食事の効果的な食べ方とは!

せっかく糖尿病の食事を用意しても、間違った食べ方をして効果も半減してしまいます。食べ方によって糖質の吸収スピードが変わるため、血糖値が急上昇してしまうからです。 その為には、食材の食べる順番をまもり、ゆっくりとよく噛んで食べるのが基本となります。

 1. 食べる順番!野菜や海藻など食物繊維を先に食べると糖質の吸収が遅くなる!
 2. 炭水化物は糖質なので最後に食べる。できれば白米を玄米や大麦に変えると効果抜群!
 3. 一口食べたら、はしを置き、30秒間よく噛む。時間をかけてゆっくり食べると血糖値は緩やかになる!

いや~面倒くさい!という方も多いと思いますが、糖尿病の食事って本当に大切なんです。ここまで管理して食べないと怖い怖い合併症が突然やってきます。 僕が経験した怖い話を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

詳しくはコチラから

糖尿病の怖さを知った体験談!食事の大切さを教えてもらいました!

かれこれ3年ほど前の話ですが、朝起きて朝食を取り一服しながらテレビを見ていました。これが出勤前の日課になっていたのですが、その日は何か様子が違っていました。 テレビを見ている視野がどんどん黒くなってゆくのです。まるで白目のところに墨汁を一滴一滴垂らしたような感じで、目が見えなくなってしまいました。 焦ったなんてレベルじゃありません。もうパニックです。

病院に行くとすぐに糖尿病性網膜症と診断されました。

目の毛細血管が破れて出血したため、墨汁を垂らしたように目が見えなくなったのです。この時の血糖値は500位あったと思います。 たしかに健康診断では、血糖値が高いので食生活を注意するように言われてましたが、そんなのスッカリ忘れて生活をしていたのです。 それが、なんの前触れもなく突然、失明寸前の恐怖が襲ってきたのですから驚きました。

約3週間の入院で様々な検査と治療を行いました。その結果、なんとか失明を免れたのですが、病院では徹底した生活指導を受けました。 インスリン注射の打ち方、血糖値の測り方、糖尿病の怖さ、食事の摂り方、低血糖を起こした時の対処法など、すべて退院後の日常生活を どう過ごせば良いかという糖尿病との付き合い方を看護師さんに教えていただきました。

詳しくはコチラから

その時、学んだのが糖尿病は食事の管理がとても重要という事です。 食事に注意しないと網膜症で失明したり、腎症で人工透析が必要になったり、神経障害で足を切断しなければならない!など糖尿病の合併症を引き起こす可能性があるからです。

糖尿病は、初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。これが糖尿病を悪化させる最大の原因です。知らない内に血糖値が高くなる食生活を続けていると気づいた時は手遅れというヤバイ病気なのです。

食事の直後に血糖値が急上昇する血糖値スパイクに要注意!

通常の健康診断では、前日の夕食を最後にして空腹時の血糖値を測定します。この数値が110以下なら正常とされていました。 ところがNHKの番組で血糖値スパイクという恐ろしい現象が紹介されました。 健康診断で正常と診断されたにもかかわらず食後の血糖値が140以上に急上昇する方が何人もいることが分かりました。 この症状は、糖尿病と同様のリスクがあり、知らない内に合併症になってしまう恐ろしい症状なのです。いまや健康診断だけでは糖尿病を防げない時代になったのです。

糖尿病の食事は宅配サービスが便利!

糖尿病の食事は、病院で管理栄養士から細かい指導を受けるので、しっかり続けることが大切です。

これには家族の協力が必要です。自分で調理できる方は別としても、仕事をしていれば奥さんに頼らなければなりません。

詳しくはコチラから

ところが、奥さんの負担は想像を超えるほど大きくなります。

子供いる家庭なら、子供用の食事と糖尿病の食事の2つを作らなければなりません。

まして、奥さんが外出で不在の時など、食べられる食事がなくて困ってしまいます。

こんな時に冷蔵庫に保存しておくと便利なのが、糖尿病の食事の宅配サービスです。

詳しくはコチラから

これが糖尿病の食事として管理栄養士が作った宅配弁当です。カロリーや塩分制限を守りながら、 栄養バランスを考え、さらに美味しく食べられるようにしっかりと味付けされています。 おかずのみが容器に入り冷凍された状態で送られてきます。つまり急に食事を用意しなければならい時でも 電子レンジでチンすれば、いつでも食べられるという凄い便利なサービスなのです。

複数の食事宅配サービスを活用すると長く続けられます!

糖尿病の食事宅配サービスは、色々な会社が提供していますが、私が一押しするは、ウェルネスダイニングが提供する健康応援気配り宅配食です。 お勧めポイントは、多彩なメニューが用意されているので飽きない点です。塩分控えめなので普通のお弁当と比べると美味しさは劣りますが、こだわりの味付けは薄味ながら美味しいと言える範囲です。 ※あくまでも健康食なので過剰な期待はしないでくださいね。

詳しくはコチラから

詳しくはコチラから

わたしは、糖尿病の食事宅配サービスを使って2年が過ぎようとしていますが、1週間のうち弁当を食べる日は、3日に一度のペースです。多い時は毎日1食食べる時もありますが、自炊出来ない時だけ利用するようにしています。 最初の半年は、ウェルネスダイニングだけを使っていたのですが、他の食事宅配サービスは、どんな味がするのか知りたくて色々なサービスを併用して試してみました。

どのサービスも大きな違いはないのですが、どんなメニューが送られて来るのか楽しみになってくるのです。
飽きずに長く続けるためにも複数のサービスを並行して使ってみるのもお勧めです。

そこで私がお勧めする、もう一つの食事宅配サービスをご紹介します。

詳しくはコチラから



血糖値を上げない糖尿病の食事をご存知ですか?

糖尿病の治療で一般的に行われてる食事療法がローカーボ(糖質制限)の食事です。 食後に血糖値が上昇するのは、炭水化物と糖質を摂取するからです。 糖質は重要なエネルギー源なので必要不可欠な栄養素ですが、摂り過ぎると糖尿病になります。 そこで必要以上に血糖値を上げないために炭水化物と糖質を制限するのがローカーボ療法です。 この方法は極度の肥満治療にも使われています。

ローカーボ療法の上を行くノンカーボ療法!

詳しくはコチラから

兵庫県加古川市の崇高クリニックで、荒木院長が実践して大きな成果を上げているのがノンカーボ療法(糖質をカット)です。 ローカーボ両方は、糖質制限により血糖値の上昇を緩やかにしますが、ノンカーボ療法では、 炭水化物や糖質を一切摂らないので、血糖値が上がりません。 極端な方法ですが劇的に糖尿病が良くなります。

荒木裕さんは、京都大学医学部・大学院を卒業後、ハーバード大学医学部の臨床栄養学准教授として食べ物と人間の体との関係について研究しています。 帰国後、生活習慣病の治療を開始!高血圧・肥満症・糖尿病などノンカーボ療法で 生活習慣病に悩む患者さんも症状が改善し健康を取り戻すことに成功しています。 入院中にノンカーボ療法による糖尿病の食事を実践し、家に帰っても続けられるように理論と実践の指導を行います。

さらに荒木院長は、肥満治療の専門医としても有名で、荒木式ノンカーボダイエットを考案し多くの肥満患者さんの治療にもあたっています。 「ご飯は半分にして肉でやせる 肉食健康ダイエット」「薬もインスリンもやめられた!新しい糖尿病治療」「インスリンも薬もやめられた!すごい糖尿病治療」など、数多くの生活習慣病に関する著書を執筆しています。

⇒ 血糖値を上げない糖尿病の食事法はコチラ

Menu

ページの先頭へ